すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。基本的に生き残り魔法少女は全員熱烈に応援しています。平気でネタバレをやります。

まいにち魔法少女2日目:ブルーベル・キャンディ

さて本日のまいにち魔法少女です。

一応乱数を1-81で生成し終えて名前も振り当てたので、81日分いつどんな魔法少女が来るかは既に決定してます。時々マジでこいつら連番かよとかこいつがこのタイミングで来るのかよとかそういう運命的なめぐりあわせがあったんですけどまあお楽しみという事で。

今日の魔法少女ナンバーは72。後半も後半なのでACES組だなあとワクワクしつつ調べたところブルーベル・キャンディちゃんでした。おおあううえええ……

がんばります。あたりまえですがACESネタバレです。

 

 

 

 

ブルーベル・キャンディ。登場作は「魔法少女育成計画ACES」。言わずと知れた表紙魔法少女の一人です。

今回表紙の法則(表紙魔法少女スノーホワイト(生存)→ペチカ(死亡)→シャドウゲール(生存)→トプスピ&ラズリーヌ(死亡)→7753(生存)→ウェディン(死亡)→袋井魔梨華(生存)と続く生と死のループ なお特別編集版無印は華麗に無視するものとする)

が適用されるとすると死んでしまうのだろうかと内心ワクワクしていましたが死にませんでした。まあ死なれても困るんですが。

何となく不安になる表紙だなあと思っていましたが、読後にもう一度見直してみると「不穏」「不気味」「後味が悪い」といった、ACESの味わいを伝えてくれる素晴らしい表紙だと魅力を再確認です。

 

本編ではほとんど活躍していない(と言えるでしょう)のに表紙になっている上に、キャラクター紹介では眼を閉じているけれど表紙では開眼して不敵な微笑みを浮かべている、というのがまた不穏です。これはきっと彼女にはACESでは描かれなかった裏の顔があったり、次巻で「ああ、ブルーベルはACES表紙になるだけの大活躍をしていたんだなあ」と思わせるような影の活躍があったりするんでしょう!

 

自分はブルーベルのキャララフ絵が出た当時から変わらずブルーベル=三代目ラピス・ラズリーヌ説を推して推して推しているのでそういう期待をしています。はい。

 

 

ブルーベルちゃんの外見については可愛くて好きです。比較的低露出魔法少女と言えるのではないでしょうか。片手袋がシックでセクシーです。スカートやら肩部やらについているあのひらひら度が高めのフリルの正式名称って何なんでしょう。

そして出ました。グリーンアイド魔法少女!赤眼青眼がわりかし多目なまほいく魔法少女界隈で、緑の目を持つ魔法少女っていうのは実はレアいです。

自分の色覚に頼っていいなら「7753」「プリンセス・テンペスト」の二人しかほかに緑の目の魔法少女はいないのではなかろうかです。

 

背中にくっつけてるスズランは毒を持つことで有名なんですが不穏だ大丈夫か……。ブルーベルが本当に三代目だったりしたらデリュージといいブルーベルといいフレデリカ陣営の子をふたりも抱えてるプフレちゃんが詰まないかと心配です。

 

 

さてそんな大人可愛く不穏なスマイルをもってACES表紙を飾るブルーベル。

抜け殻状態だったデリュージを気にかけ、デリュージが知りたがっていることは何でも教えてやり、行きたがっているところにはどこにでも連れて行ってやり、すごく世話を焼いていたところデリュージが地獄から蘇ったシャッフリンハンターとなって再臨した大事件が起きて顔面蒼白って感じですね。

少なくとも彼女の視点からは精一杯デリュージを元気づけ、励ましてあげたい、危険なことはさせたくない、守ってあげたい(!)という純粋な思いしか伝わってきません。

プフレと相対して(嫌だなあ)と思いつつも逃げないところはすごく偉い。(プフレの顎のラインが綺麗だという最高の情報をありがとうブルーベル)

 

デリュージちゃん、デリュージちゃん、と泣きそうになりながらも付きまとい、彼女が無茶をしないように自覚してストッパーとなり、そして「ずっと一緒にいるから」と、デリュージには帰る場所があるんだよということを懸命に伝えようとしてくれています。いじらしい……

ストッパー、暴走しないためメンタルが弱い子ながらも踏ん張る、というあたりにどこかの緊急停止スイッチさんが一瞬頭に浮かびましたが、いやブルーベルすごく偉い。

「彼女をひとりにしておけない」って感情はすごくピュアで素敵です。本当に。いろんな人に見習ってほしい。

 

 

ちなみにそんないじらしいブルーベルちゃん、「クローバーのエース」というなかなかに強力であろうシャッフリンⅡと鉢合わせし、絶体絶命……と思いきや二攻撃を華麗に躱してノーダメージで逃げおおせてます。普通の戦わない魔法少女には、自称「殴り合いが得意というわけでもない」魔法少女には無理だと思うんですがそれ。

 

もう一つちなみにブルーベルちゃん、半年前から研究部門にサラリーマ法少女として事務的な作業をする子として配属されたそうですが、どうやって配属されたのか、そもそもどうやって魔法少女になったのかさえはっきりと覚えていません。加えるならJOKERSは(推定)同年春の事件で、ACESは秋の事件です。半年前だ。

 

もう二つちなみにブルーベルちゃん、デリュージが飴玉を舐めた後から何故か「全然似ていないはずなのに」ブルーベルちゃんとプリズムチェリーやピュアエレメンツの仲間たちを重ねて見てしまい、突き放すことができなくなっています。デリュージはシャッフリンにさえもピュアエレメンツを重ねちゃう精神状態なのでこのへんは何ともですが。

 

 

うううう自分はブルーベルが「必要とされたい」と感じ「帰る場所になってあげたい」と願っていて、そして実際デリュージからは必要とされていて「ブルーベルには後戻りできる場所にいてほしい」と思いやってくれているという二人のあやうくもけなげな関係性が実際かなり好みでして。

ブルーベルもただ無責任に戦場に踏み入って危険に巻き込まれるというわけじゃなくきちんと自分の身は自分で守れるというところはすごく好きで。

 

でもここまで胡散臭いとさすがに警戒です。あああブルーベル=三代目説を立てておいてなんですがブルーベルとデリュージの関係性が自己洗脳とキャンディによる洗脳なんていうつらく苦しい展開があったりするとつらいので つらい つらいのでブルーベルちゃんについて考えるのを結構意図的にストップさせていたんですが、2日目に来ちゃったからにはブルーベルの可愛さを語るわけで、ああブルーベルは可愛い。

とても困っています。

 

 

 

えっと、あとは好きなイラストについて。これは表紙ですねやっぱり。緑の目カワイイ。ブルーベルちゃんそんな表情もできるんですね……

最後に好きなセリフについてです。迷わず「デリュージちゃん、もうやめようよ」です。地獄から蘇った略のデリュージが、逃げ惑うシャッフリン達とピュアエレメンツの最期を重ねてぐるぐるぐちゃぐちゃになっていて、殺せなくなって、三又槍を振るう手が止まってしまって。

その瞬間にかけられた静止の声としてのセリフですが、デリュージはその声に動揺して手が動き、殺すのを躊躇っていたハートのシャッフリンを屠るわけです。あの辺のぐちゃぐちゃデリュージと救いになりたいしなれてるんだけどなりきれないブルーベルがすごく好きです。

遣る瀬無いよいセリフだと思います。

 

 

というわけでブルーベルちゃんは以上です。盛大に文字数はみ出ましたがまあ3000文字をオーバーしなければ平均的ということにしようと思います。3000文字はみでたらさすがに贔屓が過ぎるので削ります。