読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。基本的に生き残り魔法少女は全員熱烈に応援しています。平気でネタバレをやります。

まいにち魔法少女3日目:繰々姫

 

本日のまいにち魔法少女です。ナンバーは37、繰々姫でした。

「繰々姫」と書くのがあまりに面倒だったのでこの機会に魔法少女数名の名前を辞書登録しました。これでソラミちゃんが一発変換できるようになりましたイェイ。

今のところ無印→ACES→limitedと被らない感じで魔法少女の巡りあわせがいいですね……

limited魔法少女にはまだ時々忌避感が再来してビクビクします。がんばります。

 

 

 

繰々姫。登場話は「魔法少女育成計画limited」。あまりにも外見が幼いがために「モンスター」という悍ましいあだ名を生徒たちから頂いてしまった悩める常勤講師こと姫野希……がトコによって魔法少女としての素質を見出され、強制的に魔法少女となった悩めるリボン使いです。

大抵の魔法少女の人間体名は苗字だけにしろ名前だけにしろ何かしらは覚えてるんですが、びっくり「姫野希」さんはなかなか出てこずひっくり返りました。結局FANBOOKで確認しました。ひめののぞみってなかなかに凄い名前ですよね。きっともう忘れません。

 

父親と希のどこにでもあるようなこまごましたエピソードが悲しい。麦茶が好きな希と、それを知っていてずっと切れないように補充してくれていた父親。悲しい。希が(トコによって)繰々姫になったために(プキンによって)父親は殺されてしまったわけで二つの勢力に振り回された繰々姫が無気力にならずに執念の火を燃やし続けていたところはlimitedの重要な要素です。執念の物語ことlimited。

 

216本で服を形作るリボンのうち1本、あるいは複数本、またはその全てを、魔法少女繰々姫が動くよりもずっと速く自在に動かすことができるというとても映像映えしそうな魔法の持ち主です。衣服もかわいいので本当にぴょんぴょん動き回ってほしい。

全力全開で魔法を展開すると全裸になってしまうわけですが下着もリボンなんでしょうか。まさかそんな筈はないと信じたいですが靴のリボンをほどいて裸足になった繰々姫がリボンを飛ばしてビルをジャンプするところがすごく見たい。

はだしの魔法少女、好きです。

 

 

好きです。何がいちばん好きかと言えば文句なしにlimitedラストバトルの大活躍です。繰々姫といえばあの大健闘でしょう。

あのドーピングプキンの剣を幾度となく受け、流し、フェイントを見切る精神力。0.05ミリのリボンを体中に巡らせ、それを動かすことでプキンの動きに対応する(殺されずにさばき続ける)ことを可能にした限界に近い激闘。

あの血みどろ加減と生き物のようにうごめくリボンの美しさがものすごく頭を焼きます。あの戦闘がなんでここまで好きなのかさっぱりわからないんですが、恐らくはいい感じに血が出ていい感じにかわいいことが原因です。好きです。

 

ファニートリックとの合わせ技である、眼を煙幕弾に変えて爆発させるというほぼ即死技により一旦プキンを沈めますが、さすがにプキンさんは思ったよりも強かった。

プキンが自分に剣を使って死を生と勘違いするという超魔法を発動させたことにより、繰々姫は喉に致命傷を受け倒れます。

 

ここ、ここなんですが、「プキンさんは思ったよりも強かった」ことについて。ちょっと繰々姫についてという話題からは逸れるんですが。

プキンにとっての繰々姫達は自分に害を為したレイン・ポゥの仲間であり、ソニアの敵である捜査班の一員であるんですよね。「楽しくなってきた」と言いながら、プキンにとっては一種の返礼であり仇討ちであるわけです。

想いの力がそのまま力となるのが魔法少女です。想いパワーを乗せた妖精ドーピング込みプキンがこの程度で沈むかといったらそんな道理はないんです。

 

この戦闘は、持てるものを全て尽くしたがむしゃらな死闘であると同時に、愛するものの喪失に込めた想いの戦いなんです、なんだと思います。だからプキンもここで倒れるわけにはいかない。

 

繰々姫とファニートリックの「執念」はプキンの一撃を即死範囲からずらし、死の淵ギリギリに立ってでも生にしがみつかせ、もう一度会心の協力攻撃を放つに至りました。

するするとプキンを取り巻く50センチ太のリボンはとてもうつくしいです。リボン好きなだけじゃないのか自分と思いつつありますがリボンも魔法も繰々姫が腹の底で父を殺されたことへの煮えたマグマをずっと持ち続けて死をギリギリ遠ざけていたこともすべてが好きです。

 

そしてそれだけやり遂げてもプキンさんの足掛けウン百年付き合ってきた分の経験と想いのパワーが上回っちゃうのがつらいところです。残酷です。しかしまあプキンさんは音に聞く化物な上に各種ドーピングが乗り乗りなので初心者魔法少女にとっては相手が悪かったとしか。というか初心者魔法少女であの健闘が実際驚異なんです。

そして最終決戦は終局するんですが、その場に大して思い入れのないフレデリカさんが最終的に勝利をもぎ取るってところが本当に後味悪いです。後味悪いラストで有名なlimitedですがここもかなり後味悪いです。

 

繰々姫はひとりの被害者であったけど、なにもできないと思い続けていた自分を捨てて「戦う」と決めて、自分の想いを糧に出来ることはすべてやって。全身全霊で戦い抜いたのですが、結局は経験で智略で上回る者が利益や勝利を持って行ってしまう。

それでもこと切れる瞬間の彼女は間違いなく復讐を果たしたと信じて、満足の息を吐き出して目を閉じたのだと思いたいです。一種の満足死勢なんだろうか。

満足死勢であってほしい。絶対にどうにもできない実力差というものはあって、まほいく界では稀に時々よくそういう要素が出てくるんですが、それでも一矢報いた子はペチカのごとくきらきらしたものを掴んでいてほしいです。たとえそれが誰かしらの手のひらの上の復讐劇だったとしてもです。知らないことには。

 

 

さて好きなイラストについて。繰々姫は結構挿絵登場してて、その絵ごとに表情も感情も違う感じで結構迷ったんですが、ここは前編のウェディンを緊縛する後ろで頬を染めている繰々姫が一押しということで。いやらしいゲームに使える魔法ですね!

教師教師している前編の繰々姫のほのぼの感が好きです。希に一回戻って教科会議に出てからまた繰々姫に戻って集合場所のアパートに向かうあたり。兼業魔法少女の道はけわしい。

最後は好きなセリフについて。こっちはまあ脱出せずに戦うことを選んだ時の「私もやります。やらせてください」でしょうか。でも地の文のほうが好きなのでセリフ自体にそこまでの思い入れはありません。

 

 

 

 

ああlimitedは重い。全面的にlimitedのあれこれを肯定してる勢なのでいけしゃあしゃあとつらいかなしいと言っていいものかと思いつつのアレです本当に繰々姫は重い。

実際全ての元凶さんは繰々姫含む犠牲についてはゴメンネとも思ってなさそうでせめて彼女が踏み越えた死体たちが有意義なものになっててほしい。破滅はそのあとで。うーんそれだと満足死になりそうですがね。ちょいちょい脇道に逸れましたが以上です。