すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。基本的に生き残り魔法少女は全員熱烈に応援しています。平気でネタバレをやります。

まいにち魔法少女24日目:プリンセス・クェイク

 

さて本日のまいにち魔法少女です。ナンバーは53。プリンセス・クェイクでした。

初のピュアエレメンツかな。がんばります。

 

 

 

 

プリンセス・クェイク。登場話は「魔法少女育成計画JOKERS」。人造魔法少女4人(プラス魔法少女1人)組ことピュアエレメンツのリーダーです。

外見がすごくかわいいですクェイクさん。非常に好みだ。

もともと重量感のある巨大武器が好きなので、クェイクがブンブン振り回しているトゲ付きハンマーはピュアエレメンツの固有武器の中でもトップでお気に入りでした。あんまり使われなかったけど……

 

オレンジと紫のストライプ、目玉っぽい砂漠っぽい雰囲気の装飾、ひらひらフリル付きのハイレグなど、どこを取っても素晴らしい。趣味ど真ん中です。尻尾魔法少女勢なのもポイントが高い。

ちなみにアイシャドウは紫。でネイルがオレンジ……寄りのベージュと紫のツートンカラーになってます。かわいい……

ピュアエレメンツの挿絵はいつまでも見ていられます。コンセプトが似通っている魔法少女4人組、というのは、最初は少し残念な思いもあったのですが(個性的なコスチュームを見るのが好きなので)、でも最終的には超可愛い!ピュアエレメンツ最高!ってところに収まりました。

 

 

さてそんな可愛らしく頼りになりそうでまさにリーダーといった雰囲気の漂うオトナなクェイクさんですがその中身といえばすごいことになってます。何と表現すれば良いんだろう。クェイクさんの中身こと茶藤千子さんは、すごく子供に優しいです。

彼女をロリコンショタコンと表現するのはどうにも上手いものではないような気がして。いや広義には間違いなくロリコンショタコンの範疇にあるとは思うんですが。

 

子供の魅力に取り憑かれており、子供が不幸になるのならそれを絶対に助けてあげなければと思っており、子供達の姿を遠巻きに見つめながら純粋に愛しています。

こう書くと本当に変質者っぽいですが、自分の存在によって子供を怯えさせることは彼女の本意ではないため、全身全霊でその趣味が社会に、子供達に露見しないように努めています。

 

この純粋な愛情のありようには素直に憧れます。幼い頃から、自分にはない子供たちが持つ愛らしさについてコンプレックスに思いつつも妬まず(!)ただ憧れをもって惹かれ続けた千子。一種信仰に近いその愛は異常ですが、異常ですが、素晴らしいものだと思います。

 

 

月刊魔法少女育成計画にて公開されたJOKERS短編第一弾こと「三角形の彼方」では、そんな千子さんが日頃どれほどの配慮をしながら子供達を愛でていたかの一端を伺い知ることができます。

この人もなかなかに努力の形があさっての方向に全力疾走しちゃったタイプの子だなあと思わされるすばらしい短編です。いや本当に、誰も止めてくれる人が居なかったせいで頭がおかしい方向にずんずん突き進んじゃったタイプの子は大好きです。

 

 

そんな社会に恥じなければならない趣味を高尚で学術的なものだと嘯きつつこっそり愛でていた千子ですが、人造魔法少女育成計画により魔法少女プリンセス・クェイクとなったことで、自分自身が憧れていた少女になり、そして少女たちと友情を育んで行けるという夢のような環境に大ジャンプします。ハーレム転生ものかよ。

人間関係については悲観的で女の集まりに関してはもっと悲観的なクェイクでしたが、自分が卑屈な立場から脱出したということも大きな要因となり、ピュアエレメンツというチームで育んだ友情のことは本当に大切に思っています。

研究所に唐突に押しかけてきた闖入者から絶対に自分の楽園を守ると決め、リーダー然として振る舞い、年下の少女たちであるメンバーを傷つけさせまいと戦います。

 

 

そして、展開は進み、悪魔に襲われたのちにプリズムチェリーが居たはずのブリーフィングルームに駆け戻るクェイク。インフェルノと共に駆けながら、プリズムチェリーに迫る危険を案じています。

しかしそこにはブリーフィングルームを占拠したグリムハート・シャッフリンが控えているわけで、相手が悪い。チート中のチート、グリムハートには、戦闘特化の人造魔法少女が繰り出したアルティメットプリンセスエクスプロージョンだろうと通用する筈もありません。

クェイクはグリムハートが呼び出したスペードのエースのシャッフリンからインフェルノを逃がすために、一人ブリーフィングルームに残ります。

 

 

震えながら、怯えながら、それでもインフェルノテンペストのことを守ろうと自分の身を捧げるクェイク。

自分も魔法少女に変身することで愛され愛することのできる少女になれるという喜びを知っていた彼女ですが、自分が生き残ることを優先して動くことだって出来たはずですが、クェイクはあくまでも子供達を守ろうと動きます。

 

あーー。ここの自己犠牲は本当に尊敬の至りです。彼女が守ろうとした二人はしかしシャッフリンの狂刃に倒れたのですが、それでもクェイクがまっすぐに自分の正義を貫いたことには変わりはありません。

スノーホワイトが聴いたクェイクの最期の声は相当堪えるものだっただろうなあ。

 

 

エレメンツは生き残り以外無常な死を迎え、そして生き残りも後日ものすごい壊れようを見せてくれているという現状凄まじい有様です。彼女達の死が真に安らかなものとなるためには、きっとデリュージが憎しみから解放されなければならないと思うんですけど、デリュージはああなった理由が何かしらあるにせよ行くところまで行っちゃってるからなあ……

どうあがいても残酷な目にあうピュアエレメンツもそれはそれで統一されてて良いものかもしれないなと思いつつも、やっぱり一人くらいは救われてほしい。最低な発言だ……

 

 

さて好きなイラストについて。JOKERS口絵のピュアエレメンツ絵が好きです。華々しくて。再読時に見返して切ない気持ちになりました。みんながキラキラ笑顔でポーズを決めているのがとてもつらい。

 

好きなセリフについて。本編中だと序盤のピュアエレメンツ和気藹々シーンでの「スカート透けてる人が関係ないといってますがどう思いますかインフェルノさん?」がなんとなく印象的です。個人的にはチェリーのコスチュームは露骨に性的というよりは芸術的寄りに性的な感じです。

 

以上。明日も頑張ります。