読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。基本的に生き残り魔法少女は全員熱烈に応援しています。平気でネタバレをやります。

まいにち魔法少女31日目:シャドウゲール(ACES)

 

さて本日のまいにち魔法少女です。ナンバーは80。シャドウゲールです。restart登場時ではなくACES登場時のシャドウゲールについて語る日です。この日が来てしまった……。

プフゲルは81人の中で4人いるわけだしもっと早く来るかなと思っていました。まさかまさか30日も待たされるとは。というわけでまいにち魔法少女を始めてから一ヶ月が経ちました。意外と続くものですね。がんばります。

 

 

 

 

シャドウゲール。登場話は「魔法少女育成計画ACES」。limited,JOKERSとちょいちょい登場してはいましたが、「16人の魔法少女たち」枠での登場はrestart以来です。

個人的に、16人の魔法少女たち枠以外でのネームドキャラの人死にはないんじゃないかなあと勝手に考えているので、ACESでシャドウゲールちゃんがいよいよ16人枠に登場した時は非常に焦りました。

 

前作JOKERSでの「私を殺してください」発言もありましたし、それを経てのシャドウゲール登場は本当に心臓に悪かった。ACES発売に先んじて公開された立ち絵ラフも本当に本当に心臓に悪かった。

正面向きで座るプフレに背中を向けて真っ直ぐ立つシャドウゲール。対立の暗示!死による別れか!?それとも敵対か!?!と本当に気が気でなくドキドキしていたものです。

ACESの発売が9/10だったんですが、9月に入ってからは毎日のようにプフレとシャドウゲールの仮想死因を考えつつお弔いをしていました。泣いてた。

 

 

シャドウゲール。好きです。好きなので発売前は心から生存を祈っていました、それは本当なんですが。死ぬことよりももっとずっと、ACESでやってほしくなかったことがあって。

 

それは「プフレと対話しないこと」です。対話しないまま決別離別死別することです。

restart-JOKERSまで、プフゲルは本当に常に、ピンチのピンチまで話すべきことを話さずに、ふたり別々に考えを巡らせています。ACESで、命が掛かる「16人の魔法少女たち」という表舞台に立つということになって、いよいよピンチが差し迫っていて、ならプフゲルは今こそ、腹を割って話し合うべきだと思っていたんです……。

 

 

ACES発売前の自分の心境としてはそういう感じでした。

一に本心から会話をしてほしい。

二に生存してほしい。

三にもしよかったら戦闘の一つでもして格好いいところを見せてほしい。

 

 

 

そんな感じの願いを持ちつつACESを読んだあとの自分の心境はもうそれはちょっとすさまじいものだったんですが、その辺は過去記事に錯乱しながらぶちまけたので、ここでの感想は「シャドゲちゃんかわいいけど頭大丈夫か」と思いました、程度に割愛します。

まず正気を疑って、それから記憶を疑って、最後に本人かどうか疑ったあたりで現実を受け入れました。でもまあその「かわいい」シャドゲちゃんについてはちょっと後に回します。

先に上記の、ACESにおいて自分がシャドゲに望んでいたことについて。

 

 

溜息です。溜息…… プロローグから肩を落とします。

プフゲルは本当に話し合う気がさらさらない。二人が二人ともです。それでいてふたりはお互いのことを思いやって、転ばないように、危ない目に遭わないように配慮しているんです。でも話し合っていないのでその想いはすれ違いつつあります。ぐひー……

 

プフレはプフレで犠牲を厭わず計画を推し進め、自分がいつか詰むことになろうとも目的が果たせればそれでいいという感じで自分勝手に。

シャドウゲールのほうはプフレが詰むことを心配しつつも、プフレを守るためにとった手段が「自分の命を賭ける」で、いやそうさせないため護が危険に晒されないためにもプフレは頑張ってるんだよと言いたい程度に自分勝手に頑張っています。

 

諦め癖のある護があれだけ諦めずに頑張ったことは、評価されるべきだ。ACESでのその手段はちょっとアレでしたが、アレでしたが、まあ護は頑張っていました……

 

 

なぜ二人はあんなにも重要な会話を回さずに個々で行動するんでしょう。

limited以前のプフゲルの対話しなさについては、「プフレが黙っている」イメージでした。彼女がいろいろしでかしたことの意図や最終目標は伏せられ、一切がプフレの内側に、そして青い記憶の球に封じ込められて表に出てきません。

プフレ視点ではシャドウゲールの考えていることは「目を瞑っていてもわかる」ものなので、対話の必要さえ感じません。なので話し合わない。

 

対してJOKERSエピローグ・ACESプロローグ時はその情報量が逆転しており、「シャドウゲールが黙っている」状況になっています。シャドウゲールはプフレの記憶を覗くことでプフレの意思、意図、これからの計画を伺い知ってしまった。

シャドウゲールは、それをプフレに思い出させないために黙秘を貫きます。なので話し合わない。

 

 

どうしてこうプフゲルは何度も何度も立場をひっくり返すかなあ。そういう関係はすごく好きなんですけど。好きなだけに非常に困ります。どうなっちゃうんだACES以後。シャドゲちゃんはプフレのことを忘れてプクちゃんに付き従っちゃうのか?それでいいのか魚山護……!?

 

 

「立場をひっくり返す」で思い出しましたが、JOKERSエピローグ・ACESプロローグでは「シャドウゲールがプフレを守る」という関係が上に来ていましたが、ACES一生以降では明確に「プフレがシャドウゲールを守る」という従来の方向に再度ひっくり返りましたね。

守り守られの関係逆転はプフゲルのテーマ的関係性だと思います。あの二人まもりたがりでドッタンバッタンしてるイメージ。

 

 

 

シャドゲちゃんの「かわいい」ところにも触れておかねばACESのシャドウゲールを語ったとは言えないでしょうということで喋ります。シャドゲちゃんのかわいさ。

 

パトリシアにおんぶされて悪魔から逃げるシャドウゲール。昔はプフレをおんぶしていた彼女がおんぶされる側へと変転しています。かわいい。

パトリシアさんに無断で固有武器ことレンチ・ハサミを使われても、ぽけーっとしているシャドウゲールはとてもかわいい。

パトリシアが死んだことを理解して床を殴ったら見張りの悪魔が反応したのでビビるシャドウゲールはかわいい。

プフレの、庚江のオマケとしての自分をかつて嘆いていたシャドウゲールこと護はそりゃそうだなあと言う感じです。護も昔は卑屈だったりしたんでしょうか。想像がはかどります。かわいい。

シャドウゲールより体重が軽い(小柄で平坦胸っぽい)護はとてもかわいい。

小学生の頃、庚江に圧力をかけられてゲームでミスを繰り返す緊張護かわいい。

アーリィちゃんとの二人プレイに熱中しすぎて思わず自分が監禁されていることを忘れてしまうシャドゲちゃんはかわい……かわい……かわいい。

服部シアちゃんを撃退せんとぽんこつ行動を繰り返す護はかわいい。

そんなかんじで。(目まい)

 

 

好きなイラスト。おんぶ挿絵好きです。あれはクール系魔法少女ふたりが挿絵に収まった貴重なイラストです。緊迫した雰囲気もまた良し。

 

好きなセリフ。セリフ。うーん独白が好きだからなぁ。「よろしければ協力プレイをしませんか?」で。

願わくばシャドアリ(今適当に考えた)の協力関係友情関係がACES以後でも続いてほしいものです。

 

 

以上。疲れた……。明日もがんばります。