読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。基本的に生き残り魔法少女は全員熱烈に応援しています。平気でネタバレをやります。

2月の月刊魔法少女育成計画感想(前編)

 
2月の月刊魔法少女育成計画が更新されましたね!
更新日は2/27(第四金曜日)の17:00でした。前回更新が1/12だったのでかつてないほどに待望の更新でした。2月長かった……!
 
というわけで、内容は「僕の私の魔法少女」の続報!
前回(12月更新)で発表された5人の魔法少女のSDイラストと、採用者に送られる色紙デザイン、そしてweb連載となる外伝、「魔法少女育成計画breakdown」(仮)のあらすじが公開されました。
 
どどどんと大量の情報公開、嬉しいです。何より5人の魔法少女たちがとんでもなく可愛いということがこの上なく嬉しいです!
 
というわけで5人の魔法少女たちについて名前・魔法を含めてざざっと雑感をメモです。魔法少女原案者の方にはごめんなさい、本当に好き勝手言っています。
 
案の定記事が長くなりすぎたので分割しました。
 

 

魔法少女育成計画breakdown(仮)あらすじについて

孤島で遺産とか、魔法使いがいっぱい出てきそうでドキドキとか、色々ときめいているんですけど、まず一番気にかかることを。

権利者のひとりとして手紙を受け取ったマナは、その内容を訝しみながらも、
熟慮の末に親しくしている2人の魔法少女に連絡をとった――

この部分について。

breakdownがいつの話なのかによってマナさんの「親しくしている2人の魔法少女」が誰なのかが変わってきます。

 

limited以前ならば間違いなく1人は下克上羽菜、そしてもう1人は監査所属の魔法少女かなあという感じです。limited以後ならこちらは確実に7753とメイですね。うーんどっちだろう。

 

breakdownはあくまで「外伝」ですし、マナ・7753・メイというlimited生存勢の半数が話に関わってくると事が大きくなりすぎるような気もするので、limited以前かなあと予想しています。

limited以前、以後、どちらにしても、マナさんが出ると言うことは、マナさんに深いトラウマを植え付けるような血で血を洗う殺戮命のやり取りデスゲームにはならないのではないでしょうかと、希望的観測をしています。誰も死なない魔法少女育成計画

 

 

そして。

曰く、各相続者は最大2名までの魔法少女を同伴者として連れてきていいこと。

ふたりぐみ魔法少女の予感がビリビリします魔法少女育成計画breakdown!とても楽しみです!!

 

 

魔法少女五人について

非常にアクが強い。立ち絵の幅に制限が無いのか、羊やら星やらが跳び放題で楽しい。五人が五人とも別方向に突出した可愛さで恐ろしい。
こんなかわいい子達が死ぬのか、死なないにせよ魔王塾主催地獄サバイバル程度の怪我はするんだろうなと思うとつらいんですけど同時に嬉しいです。乱れ飛ぶ血と涙と汗は魔法少女の醍醐味です。嬉し悲し。
 
各個性的魔法少女の名前に共通することとして、キバツすぎず没個性すぎず、そして可愛さをふんだんに含み、「どういう魔法を持っているのか」をぼんやりと察させてくるあたりが本当に「良い」なあとつくづく感じました。
 
 

魔法少女感想

①ミス・マーガリート
名前について。「ミス」って敬称魔法少女界で新しくていいなあ。名前公開時からきっと外見年齢高めのお嬢様か貴婦人か、きっとそういうコンセプトの魔法少女なんだろうなあと思っていましたが本当にお麗しい外見の魔法少女でした!曲げる魔法とマーガリートが掛かってて良い。
 
 
コスチュームはドレス。ドレスはとてもよい……。あくまでも高貴さお淑やかさを保ちつつ、みせるところはガッと露出するこの際どさこそまほいく魔法少女だなーッと震えます。
もしかして初の正統ネコミミネコシッポな魔法少女なのかもしれない。
 
クジャクの羽根が各所にあったり、もう盛れるところにはひたすら薔薇をあしらってたり、派手&派手なのにどうしてギトギトしないんでしょうか。マルイノ先生はすごい。
 
 ところで薔薇です。薔薇を纏った魔法少女ことマーガリートさんです。
薔薇。怖いです。多分戦う魔法少女枠です。顔を覆うヴェールに返り血っぽいもの付いてますし。
というわけで自分は安直に子供たちorクラムベリーシンパ説をがっつり推すことにします。普通にいい人だったらごめんね、恨むなら薔薇の魔法少女達数名を恨んでください。
 
 
魔法について。マーガリートさんの魔法は「まっすぐなものを曲げちゃうよ」。「曲げちゃう」にまほいく魔法少女っぽい魔法名にしようという強い意思を感じます。
 
「まっすぐ」が適用される精度によってかなり魔法の使いやすさが変わってくる気がしますが、固有武器っぽいレイピアがぐにゃっと曲げられてる辺りある程度厳密に直線でなくとも曲げれる感じでしょうか。
魔法初見時はこれまっすぐな心を捻じ曲げる精神支配系魔法少女だな!?と思ってましたが恐らくは物理作用っぽいですね……。
 
 
なにはともあれ、身体能力高そうだし、精神は強そうだし、安定して強者オーラのある魔法少女です。これまでの「安定して強そう」な魔法少女の生存率はともかくとして、性格が温和なのか、それとも苛烈なのか、やっぱりサイコ系なのか、その辺りで立ち位置がまるっきり変わってきそう。
 
 
 
②らぶみー恋々
名前について。天井知らずの可愛さ。「らぶみー」が相当にメロメロパワーがあります。パンチがありつつバランスが良い。声に出して読みたい魔法少女名です。
 
 
コスチューム及び外見。一見して即座に心を射抜かれました。魔法少女ばんざい!!初めての大角魔法少女に本気でメロメロです。
これがらぶみー恋々ちゃんの力。名前に全くひけを取らない、暴力的な「可愛さ」。
 
キョトンとこちらを見ているその眼はつりめで細瞳孔なのにどこかあどけなくて、ああ魔法少女だなあと拳をグッと握りしめます。クランテイルさんや、テプセケメイを見た時の心のときめきを思い出しました。
 
 
イラストが公開されるまではらぶみー恋々ちゃんはゲス魔法少女かなあという予感がしていたのですが(魔法が魔法なので)、あの邪心の無さそうな表情を見るにそれは全く大外れだったのかもしれません。いやあの顔で性格悪くてもかわいいなあ……
 
天使であり、同時に悪魔っぽいらぶみー恋々ちゃんなので、まだ性格がどっち寄りなのかはわかりません。どっちもかわいいと思います。
 残念なのはコスチューム前面の詳細があまりわからないことでしょうか。背中に六つ羽が生えてるのできっと背中はかなり露出しているんだろうなあ。
 
 
魔法について。らぶみー恋々の魔法は「魔法の弓矢で射止めた相手をメロメロにするよ」。モチーフとしては想像しやすい「キューピッド」めいた洗脳魔法の持ち主。メロメロイコール洗脳魔法で決め打ちます。怖い魔法です。
 
しかしこう、「魔法の弓矢で射止めた相手をメロメロにするよ」の響きは異様に心地よいですね。「射止めた」「メロメロ」あたりが良いパワーになっているんだろうか。弓矢と申告してますがどう見てもボウガンです。殺傷力高い。
 
 
外伝でどう動くかと言えばやっぱり洗脳ですよねという予想です。それならやっぱりかわいい顔して抜け目ない性格だったりするだろうか。
射止める相手は誰だろう。強制ふたりぐみ魔法少女メーカーとしてのらぶみー恋々に期待大大です。
 
 
 
前編はここまでです。残り三人は次記事で: