読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。基本的に生き残り魔法少女は全員熱烈に応援しています。平気でネタバレをやります。

8月の月刊魔法少女育成計画諸々大発表

 

konomanga.jp

 

 

来すぎだよー!嬉しい!ありがとうございます!待ってました……!

 

 

というわけで8月の月刊魔法少女育成計画更新日は8月10日!伏せられていた諸々の諸々のカードが切られましたね。アニメにラジオ、ファンブック、スピンオフコミカライズに待ちに待った本編!魔法少女育成計画が映像で音声でイラストで対談で漫画で文章で、徒党を組んでファンの心をひねりつぶす2016年秋です。めでたい。ぐしゃぐしゃにされたい。

 

あまりにも更新内容が多いので個人的な用途も含めての整理とちょっとした雑感など。

 

 

スノーホワイト等身大パネル公開&魔法少女育成計画フライヤー配布

 

厳密にはこれは8月10日の更新内容ではないのですが。去る8月6-7日に開催された「ワールドコンテンツフォーラム in NAGOYA」にてアニメ版スノーホワイト等身大パネルがお披露目。

このイラストは見るのがこの日が初めてかな……。足の長さが非常に魔法少女です。スノーホワイトはニーソのようでいてロングブーツなところが本当にかわいいです。このパネルコミケにも持ってってほしいな……

 

 

PV第三弾公開

 

 

アニメの方からはPV第三弾と、それにあわせて放送時間の初告知。耐えきれなくなってAT-X契約しないかぎり自分はBS11民かなー。10月になって1日目から最速で魔法少女育成計画が始まるというのはもう本当に心休まることなき10月です。

 

PVの内容的にはアニオリ要素がかなり濃厚で、これは絶対に見て楽しいものになるなあという感じがビシバシでした。姫河小雪スノーホワイトになることを「選ぶ」瞬間が語られ、きらきらした魔法少女生活が映される……というのは、以降の「選べない」スノーホワイトの非常に良い対照となるだろうなと思います。原作でも挟まれた、リップル魔法少女になるシーンも後々に入ってくるならそれもまた楽しいだろうし。

スノーホワイトリップル、二人の主人公(的立場存在)がアニメでは原作よりも強調された形になっているような気がします。デスゲームが始まる前に顔を合わせていたアニメ世界の二人がどういう感情を見せるのか、その辺りに注目していきたい。トップスピードがものすごくかわいいので今から9話……とか10話……あたりが怖いですね……魔法少女の死を再体験する機会……

 

姫河小雪は普通にかわいい女の子なんですが、それを差っ引いてもスノーホワイトが美少女ですばらしい……。ビルの屋上を伝って移動する等々の非人間要素はアニメーションになって一層映える要素だろうなと思うので期待大です。

 

SD魔法少女達もとても可愛かった。とにかくかわいい魔法少女育成計画です。森の音楽家クラムベリーSDバイオリン構えてるのかわいすぎる……。SD空間でセリフがあるだろうからねむりん声優無しの悪夢はとりあえず去ったような気がします。相変わらず沼倉愛美さんの「叫べ」は良い曲です。OP映像が楽しみ。

 

 

WEBラジオ「魔放送女育成計画」配信決定

 

ヤッター!ラジオあるかな~あると良いな~~と思ってたのでストレートにとにかくうれしいです。作業用に回して聞くぞー!

「魔放送女育成計画」ってものすごく変換しにくい上に言いにくいな……。ゲストは今週の脱落者ですかね。というか実質スノリプラジオじゃんね。現実の人間を魔法少女に変換して楽しむ人になってしまう……。

スノリプを摂取できるかどうかはともかくとしても楽しみです。ラジオにおたより応募……はするかどうかわかんないですけど(多分聞く専になる)色々コーナーも楽しんで聞いていきたいです。

 

 

コミケC90出展情報

 

 

毎度のことながら魔法少女育成計画のイベント情報は直前にぶっこまれて動揺するパターンが多いように憶えているのですが今回の告知も二日前。二日前て。企業ブース行かない腹づもりでしたがグッズ買ってきます……。いや普通にめでたいですね。フライヤー16種類眺めて楽しみたい。スノーホワイトリップル以外はフライヤーに声優を記載しているというわけではないのかな。

 

魔法少女育成計画クリアファイルについてくるポストカードに載っている16人がフライヤーのSDイラストですかね。遠目に見てもたまの可愛さがよく伝わってきます。

 

 

スノーホワイト公式衣装今秋発売決定

 

手が広いなー!公式衣装は完全に予想もしてなかったです……。ここでの「公式」は多分アニメの公式衣装かな。

試作品コスチュームを着たスノーホワイト(?)がコミケにも降臨あそばされるそうなので、マジカルキャンディーを貰いたい人は行ってみてもいいかもしれません。

 

 

魔法少女育成計画グッズ予約開始

 

チョコぐるみを始めとした各種グッズの予約が開始。チョコぐるみはファル/ファヴ(2900円)を除いて一律3500円、クッションカバーは2500円、スマホケース・Tシャツは3500円という感じ。あ゛ーっチョコぐるみかーわいいなぁ……

お財布がいよいよ悲鳴をあげ始めました。マストなものから優先順位をつけて欲しいものを狙っていきたいです。魔法少女育成計画にお金を落とすためには缶バッジを買うか単行本を複数冊揃える以外の選択肢が無かった頃と比較するとかなりお金の使い方が有意義になってきた気がします。

 

 

魔法少女育成計画オフィシャルファンブック発売日決定

や……やっと月刊魔法少女育成計画本題に入れる……。というわけでオフィシャルファンブックの発売日が9月17日に決定しましてやんややんやの大喝采です。表紙も描き下ろしスノーホワイトさんっぽくてはやく見たいなあ。

B5サイズということは魔法少女育成計画FANBOOKより一回り小さいくらいでしょうか。1400円という価格設定から分厚さを楽しみにしていきたいです。

 

内容としては

ファヴ
イラストギャラリーにキャラクターファイル、遠藤&マルイノ両先生インタビューに書き下ろし短編小説などなど、盛りだくさんの内容でお届けするぽん!

スノーホワイト
もちろん、募集企画「遠藤先生に聞いてみよう!」で送っていただいた皆様からの質問にお答えするコーナーもあります!

 

 という感じ。いやーーFANBOOKの内容が充実しすぎていたために重ねて更にファンブック発売ってどうするんだろうと考えていましたがこれは本当に豪華極まりないです。

質問企画も楽しみだし、両先生インタビューの内容がものすごく気になるし(魔法少女育成計画の話を魔法少女育成計画の創造主がするのひたすらすごい)、イラストギャラリーでの魔法少女ラフ絵が見れたりしたら幸せいっぱいだし。書き下ろし短編小説で本編に先駆けて遠藤先生の文章成分を摂取できるのもまた幸福です。

ラインナップの段階で魔法少女育成計画ファン必携の最高ファンブックになること間違いなしな気配がするので購買意欲がじゃんばり。9月17日発売ってもう1ヶ月と少しですね……早い……。

 

 

魔法少女育成計画restartコミカライズ発売決定

前記事でもちょろっと書きましたが、restartのコミカライズの発売が決定。9月下旬とのこと。

ファンブックで頭をやられて10日くらい呻いてたらrestartが発売されちゃうわけでそれを読んでまた呻いたらアニメが始まるので2016年秋は体力勝負です。です……。気力持つかな。実際前回のFANBOOKでも半年くらい呻いてた気がする(それくらい情報量が多かった)ので今から戦々恐々です。

 

 

魔法少女育成計画QUEENS」発売決定

10月8日が運命の日らしいです。月曜日。

ブログを書いたり色々書いたりしてる上で魔法少女育成計画の各シリーズタイトルをタイピングする指の運び方を身体で覚えてしまっているんですけど(わりとある現象だと思う)、QUEENSはまだ慣れなくて指がすこしつっかえます。こういう小さい出来事に新刊発売を感じてぼーっとしてしまいます。

 

登場魔法少女ラフイラストが公開されるのは来月の月刊魔法少女育成計画あたりでしょうか。今月中にくるかな。心穏やかに待てたらいいなと思います。今のところ「QUEENS」の分厚さがどの程度なのかが気になるかなー。個人的には次巻前後編もあるかなと思ってたくらいなので。JOKERSくらい分厚いといいです。シャッフリンマーク3を待ってるから……

 

 

公式スピンオフ「魔法少女育成計画F2P」コミカライズ決定

スノーホワイト
そしてそして、今回はさらにもうひとつ!

ファヴ
ん?

スノーホワイト
当『このマンガがすごい!WEB』にて、新しいコミカライズがスタートします!
題して 『魔法少女育成計画F2P』 !!

ファヴ
そんなのもこっそり進めてたぽん!?

スノーホワイト
こちら完全オリジナルストーリーのスピンオフ作品となります!
原作遠藤浅蜊先生、キャラクターデザインマルイノ先生というおなじみの布陣に加え、
作画を担当していただくのは柚木涼太先生です!

 

うわーーこれはもう完全に予想もしてなかったよ……!「魔法少女育成計画F2P」。おめでとうございます。

F2Pは「Free-to-play」を意味する略語で、基本無課金のゲームにあてられる言葉だとか。うーん「魔法少女育成計画ソーシャルゲーム)」の匂いがしてきます……。

 

扉絵の人数的に今回の魔法少女育成計画は少人数制かもしれません。それはそれで楽しそうだ。マルイノ先生デザインの魔法少女には、「かわいい中にえぐみがある」とか「かわいいんだけど微妙なずらしがある」ような、そういう要素が多々含まれているように思うんですが(そしてそれが魔法少女育成計画の特異的な「かわいい」を形作ってると思う)、今回のF2Pの魔法少女達にもそういう雰囲気が多分に注入されているように思えてなりません。

手前を飾る二人のブラック&ホワイト魔法少女、この2人が主人公枠なのかな。目玉モチーフの右手の黒い子はなかなか凶悪な魔法を持っているのではという気がします。左手の杖?弓?ステッキ?を持った白い子は白ワンピースにスタジャンという大好物コスチュームで今からはやく血に塗れたりなんなりしてほしさです。

個人的には後ろで不敵な笑みを見せているボブで縦セーターのおねーさんが気になるばかりなんですが。彼女も魔法少女なのかな。ああ早く喋ってほしい。一番ニュートラルに楽しみに出来るのはこの「魔法少女育成計画F2P」かもしれません。

 

連載開始は8月中旬ごろとのこと。もう8月中旬に鼻先を突っ込んでると思うので本当にふらふらしてるうちに連載が始まっちゃうかもしれませんね。ほぼ間違いなく連載開始時期は決定しているだろうに「八月中旬ごろを予定しているぽん」とボカしてくるファヴは性格が悪いですね。楽しみですね。

 

 

 

並べてみるとつくづく大更新だ……。こんなかんじで楽しさいっぱいの魔法少女育成計画でした。2016年は魔法少女育成計画イヤーになるぞとワクワクしていたら本当に魔法少女育成計画イヤーになっていって心ときめくばかりです。一つ一つを大切に楽しんでいきたい。