すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。基本的に生き残り魔法少女は全員熱烈に応援しています。平気でネタバレをやります。

まいにち魔法少女4日目:ユナエル

本日のまいにち魔法少女です。ナンバーは8、一桁なら間違いなく無印勢だろうと思って確認したところユナエルでした。鬼門です。

 

今更ですがピーキーエンジェルズをひとくくりにしなかったことをなかなか後悔しています。がんばります。

 

 

 

ユナエル。登場話は「魔法少女育成計画」。髪が内はねで右足にリボンを巻いていることがミナエルと見分けるポイントです。外見年齢は10歳程度で、天使でフリルで片翼でときっとうつくしい美少女なんでしょうがSDキャラ以外の絵では描かれたためしのない残念なピーキーエンジェルズの片割れ。人間時は推定女子大生で、天使になるべくして生まれてきたような苗字の天里優奈ちゃんです。美奈とは同棲中。

 

「ユナは、ユナは……」って言いながらミナエルが泣いているところを思い出して、ああならユナエルがウィンタープリズンにワンパンされた方だなと理解して、そこからミナエルが岩になってクラムベリーにワンパンされた方だなと考えて、じゃあユナエルは生き物に変身するほうだなという具合にめんどくさく逆算して毎度名前と特徴と魔法を思い出しています。ごめんなさい。

ちなみに妹の方です。「お姉ちゃんマジクール」のほう。付和雷同だとルーラに蔑まれているピーキーエンジェルズの、更に付和雷同な方です。と言いましたがセリフを追ってる限り性格上の違いはそこまでないのかなと思います。「今日の牛丼は卵つけちゃうもんね」のほうがユナエルです。

 

この上ないふたりぐみ魔法少女だし、衣装のマッチングも完璧だし、ロリ美少女だし、フリルましましだし、恐らくははだし魔法少女っていう要素要素を取り出せば完璧に趣味ど真ん中なんですがなにがよくないって性格と打たれ弱さですよ!

ミナの方ならまだ何かしら(ユナを失って目が据わった後の)好きな要素もまだありますがユナは結構どうしようもない描写だけ残してウィンタープリズンにドカンされちゃったんですよね。

 

 

あのウィンタープリズン戦で、ミナが魔法少女の身体能力差をいい具合に伝えてくれてるのは非常にありがたかったです。コミカライズの聖母ナナはウィンタープリズンにパワーアップを祈りつつ逃げたんですが、本編のシスターナナはウィンタープリズンを強化することなく脱兎の如く逃走しました。さすが。

というわけで原作のウィンタープリズンさんは完全に自力のみで天使の身体をぶち抜いたわけで、死にぎわブーストがあったとしても魔法少女の肉体の強さ弱さをはっきりと感じます。同じウィンタープリズンの拳でも、クラムベリーさん相手にはナナ強化済みのパンチn発でも鼻血程度だったわけで恐ろしいことです。

 

ウィンタープリズンにはたとえ偽物だったとしてもシスターナナの姿をしたものを攻撃できなかったという情緒的な要素を、ピーキーエンジェルズに理解できたかどうかは不明ですね。あの双子に他人を愛する心があるんだろうか謎です。

ピーキーエンジェルズはどこまで行っても閉じてる気がします。

双子は双子の中で世界が完結してしまってて、一緒にPVを作ったたまと仲良くなったのかなと思いきやそうでもないし、スイムについては嫌いなルーラをやっつけてくれたからついていっているという感じで。

 

ルーラ組は作中ではわりとバラバラな感じのよせあつめ集団なんですが時間を置けばもっと仲良くなっていたかといえばううむ……と首をひねるあたりが特徴的です。紅葉狩りについてく程度には集団行動ちょくちょくしてたようなのでもっと時間をかければもっとルーラとも仲良ししてるミナユナが見れたんでしょうか。どうだろう。

 

 

魔法について。ユナエルの魔法は「好きな生き物に変身できるよ」です。ですが作中では烏、猫、シスターナナ程度にしか変身していません。勿体ない。

身長体重等は変身先によって変化するそうですが、自分でサイズ等を弄れるのかは謎です。あとは、たとえ変身先をクラムベリーさんにしたとしても、身体能力と魔法はそのままなので本物クラムベリーさんには手も足も出ません。

なので用途としては基本奇襲するか動揺させるかでしょうか。うーんなかなかどうしてクズ魔法です。ある程度の人間関係の把握ができている無印だったからこそ役だったかもしれません。少なくともベテラン魔法少女には通用しなさそうです。

 

 

そういえば、元気の出る薬を買うときの寿命(三年分)はじゃんけんで負けたユナエルが支払ったんですが、これって俗にいう死亡フラグですよね。双子の寿命支払ったほうが先に死ぬっていう。

寿命を支払うってなかなかにオーバーテクノロジーで、どういう処理してるのかさっぱり謎なんですがまあ魔法少女に強制的に心臓麻痺を起こせるシステムがある時点でなにをどうつっこもうとも野暮です。

 

FANBOOKでそこそこゲーム好き(♡5ではないので超好きというほどでもないらしい)ということが判明しました。

episodes短編「天使をプロデュース」で双子が桃鉄対戦をしているらしい会話がありましたが、それならミナユナハウスに桃鉄を導入したのはユナの方かもしれません。

 

 

好きなイラストはそうですね、文庫版魔法少女育成計画の口絵カラーイラストです。スイムたまミナユナが恐らくはルーラこと木王早苗さんの亡骸を見下ろしている印象的なイラスト。

あれ普通に口絵にするには衝撃的なネタバレですが口絵というのはそういうものなんでしょうか(ラノベをあまり読まない)。ええっと思ったのが2012年の遠い記憶にあります。ルーラがいないイラストを見て、「偉そうにしてるやつがね」というセリフを読んで、あっルーラ死ぬじゃんコレって静かに焦りました。

特別編集版では口絵にはなっていませんでしたが、配慮してくれたということなんでしょうか。

 

好きなセリフは勿論「お姉ちゃんマジクール」でしょう!

まほいくアニメ化にあたってLINEスタンプが発売されるだろうことと思うので(真顔)その時はマジクールスタンプもきっと出ることと思っているので連打したい。ピーキーエンジェルズを煽りに使っていきたい。

 

 

そんなこんなで以上です。終わってみればはやいものでした。明日もがんばります。