すふぉるつぁんど

主に魔法少女育成計画について書き残していくブログです。

魔法少女育成計画episodesΔ感想①

 

 6月10日にめでたく発売された、魔法少女育成計画 episodesΔ」

 

 

の感想をそろそろ書きます! 全部の短編への感想を一記事に収めようとすると多分長さがとんでもないことになるので、4分割くらいにしていく予定です。

 

 今回は「魔女と弁当と愛情表現」「トリック・オア・マジカルガール」まで。ちょうど全部無印短編ですね。以下続きからさくっと感想です。また、twitterにて公開された遠藤先生の短編解説についてもちょっと触れています。

 

続きを読む

最近のいろいろ(頭が追いつかない)

 

 魔法少女育成計画シリーズ、活発になる時とにかく盆と正月を合体させようとする傾向がありませんか? 水面下から飛び出す勢いが激烈すぎでは!?

 というわけで……頭が全然追いついてない……んですけど、ここ最近、というか主に2019年6月前半に起きたことについて振り返ります。供給が多すぎて供給内容を整理するだけで幸福が満ち溢れてしまう。

 反芻反芻で生きてるのでこの突然の高カロリー祭りを消化しきるのすごい時間かかりそうなんですが(待つのに適応した進化による弊害)、のんびり消化してると普通に本編発売されそうなくらいの勢いなのでこわい。富栄養化で頭が爆発するんじゃないか……?

 

 今回は供給の整理とざっくりした興奮の思い出くらいにして、ベストバウトやΔの細かい感想などはまた後日に書きます。

 というわけでΔ読みました。最高でした。短編集の感想を今までちゃんと書いてまとめたことがないのでどういう感じにするか悩む。短編集を読むにつけ思うことですが一冊の中に詰まってるシリアスからほのぼのからギャクまで全部遠藤先生一人が書いてるの改めて魔法的だと思う。

 

続きを読む

breakdown19話感想

 

 新短編集の予約情報が出たりしてもうそわそわしっぱなしなんですがbreakdown19話感想です!

 新刊出る頃にはbreakdownも完結してるんだろうかとか(予約情報出る前は)考えてたんですけど、6月発売ならそんなことはなさそうですね。というか短編集出る前にbreakdown20話が来るかどうかすらわからないんですけど。それくらい発売日近かった……!

 

 短編集の話はほどほどにして、breakdonw19話なんですが……もう……とんでもなく……すごかったですね! 17話読んだ時いやこれ以上感情が昂ぶることないでしょ……て思ってたのに普通に昂ぶってた。遠藤浅蜊先生すごすぎる。

 初読後本当に呆然としてしまって、今自分が抱いている感想が「楽しい」なのか「怖い」なのか判別がつかないような状態でした。面白さに対してこんな風に困惑したことなかなかない。しかし間違いなく面白くて、いよいよとんでもないな……としみじみ思いました。

 魔法少女の在り方について「狂気」という一言で片付けるの、今積極的にやりたい言い回しではないんですが……それにしても今回は登場人物達が表現するそのままに「狂気」だった。以下感想。アホほど長い。

 

続きを読む

魔法少女育成計画新短編集発売決定!!!!!

 

 ついに……ついに! ついに!! ついに!!!

 魔法少女育成計画の新刊が発売決定!!!!!

 

続きを読む

breakdown18話感想

 

 あけましておめでとうございます……と言うには少し時間が経ちすぎてしまいました。ともかく2019年初の更新です。今年も魔法少女育成計画のことを書いていきたいです宜しくお願いします。ひとまず新作の正規告知がばばんと来てくれたら嬉しい。

 という感じでbreakdown18話の感想です。18話はめまぐるしい視点の切り替わりが印象的でした。だらだら書いてたらわりと長くなってしまった。

 

続きを読む

「魔王塾主催 地獄クリスマスパーティー」を読んでるうちに平成が終わりそう

 

 breakdownの代わりにクリスマス短編が来たのでクリスマスです。クリスマスおめでとうございます。

 

 

 このブログを閲覧されるような方はもう「魔王塾主催 地獄クリスマスパーティーを読了されていることと存じますが、もし読んでいない方がいらっしゃればまず読み、そしてこう思ってください。スタイラー美々の口が悪くて最高!!!

 

 以下興奮冷めやらない感じで感想です。本当に、こんな……去年に引き続いてこんな幸せなクリスマスでいいんでしょうか。プフゲルのクリスマスパーティーが飛んできてプフゲルクラ仲良し描写が発生したと思ったら今年は魔王塾ならびに膨大な職業魔法少女達のクリスマスパーティーが飛んできてスノリプ手繋ぎが発生してた。遠藤先生に感謝します。遠藤先生の文章が大好きです……。幸せすぎる。

 

続きを読む